株式投資を始めるにあたって、自分自身に適性があるのかどうか?気になる方は多いのではないかと思います。もちろん、株式投資に対して、経済について知識があることはもちろん、それ以外の部分で適性の有無がどうなのか具体的にご紹介していきたいと思います。 まず、当たり前のことですがまじめな方ほど、株式投資に向いているといえるでしょう。株式投資はその会社の未来にかけるということにもつながっています。だからこそ、しっかりその企業のことを調べて、未来に投資するわけですからまじめであることは間違いなく必要になります。 二つ目は情報が正しいのかどうかの判断力があることです。 今は様々な情報が氾濫しています。こうした環境の中で、自分自身が信じられるものが何か明確にして、銘柄を選んだり、売買のタイミングを見極めることが必要になるからです。 三つ目に好奇心が旺盛であったり、関心があることです。 さまざまな側面から情報を得ようとしたり、投資した銘柄だけではなく、同業他社や社会の動きなども調べる習慣をしっかり持っていて銘柄選びに良い影響を得ることが可能となります。 最後に理性的な行動が取れる方です。 気分が高揚しているだけで銘柄を選んでしまったり、無理な買い方を行うようでは、リスクが高まるばかりです。あくまでも冷静に慎重に常に冷静でなければなりません。 以上のことから、まじめな方、情報を見極める判断力、好奇心旺盛、理性的な判断ができることをあげてきました。 まず初心者が株式でリターンを得るために重要なのはその企業のことをしっかり調べること、そして自分なりの売買ル^るを決めて起き、それに従って取引を行うことの2つになります。 株式投資はあくまでも自己責任ですから、他人がすすめた銘柄を購入してマイナスになったからと言って攻めることはできません。あくまでも自分の責任においてという意味では自らの調べた結果を何よりも大事にしましょう。 2つ目が自分なりのルールです。投資に充てる資金や利益の各y体、損切をする際の基準。これをあらかじめ明確にしておく必要があります。これを明確にして、理性的に売買を行うことでリスクを最低限に抑えることができると思います。 特に投資は初心者については生活に支障のない余剰金からスタートすることが肝心です。最初からライフプランに影響のある金額を投資することはリスクが高まるので避けておいた方がセオリーだと思います。